2019新人戦 高校サッカー

高校サッカー神奈川新人戦!川崎地区予選で関東大会県予選出場は?

高校サッカー神奈川新人戦!川崎地区予選で関東大会県予選出場はどこ?

平成30年度神奈川新人戦川崎地区予選会が2018年10月14日から2019年1月20日にかけて行われました。

桐光学園法政二高の二校はシード校として、予選免除となり、関東大会神奈川予選会5回戦からの登場となります。

川崎地区予選会に参加の16校を4つのグループに分けてリーグ戦を行い、各グループ1位4チーム関東大会神奈川予選会の出場権を獲得します。

さらに、各グループの2位同士代表決定リーグ戦を行い1位1チーム関東大会神奈川予選会の出場権を獲得します。

川崎地区からの関東大会神奈川予選会に出場するのは、地区予選を勝ち抜いた5チームとシードされた2チームの合計7チームとなります。

予選リーグ結果

Aグループ

1位 多摩高校
2位 百合ヶ丘高校
3位 新城高校
4位 麻生高校

Bグループ

1位 川崎北高校
2位 生田高校
3位 菅高校
4位 麻生総合高校

Cグループ

1位 高津高校
2位 大師高校
3位 向の岡工業高校
4位 生田東高校

Dグループ

1位 住吉高校
2位 県立川崎高校
3位 市立川崎高校
4位 川崎工科高校

代表決定リーグ戦結果

各グループの2位の4チームがリーグ戦で戦い、1位になったチームが関東大会神奈川予選会に出場できます。

リーグ戦の結果

1位 生田高校
2位 百合ヶ丘高校
3位 県立川崎高校
4位 大師高校

1位の生田高校関東大会神奈川予選に出場します。

シード決めトーナメント

各グループの1位の4チームトーナメント方式で、シードを争います。

1回戦

市立川崎高校 1-3 川崎北高校
住吉高校 1-3 多摩高校

決定戦

川崎北高校 0-1 多摩高校

これにより、
優勝多摩高校が第3シード、準優勝川崎北高校が4シードを獲得しました。

最後

今回は、「高校サッカー神奈川新人戦!川崎地区予選で関東大会県予選出場は?」という記事を書きました。

川崎地区から関東大会神奈川予選会に出場するチームは、多摩高校(第3シード)川崎北高校(第4シード)市立川崎高校生田高校5チームと予選免除の桐光学園(第1シード)法政二高(第2シード)2チームが加わり7チームに決まりました。

関東大会神奈川予選会は、2019年4月6日(土)から1回戦が始まります。

川崎地区から出場する予選を勝ち抜いた5チームは、

1回戦(4/6)

市立高津高校 ー 中大横浜(横浜地区Bグループ1位)
生田高校 ー 秦野総合高校(北相地区Cグループ1位)

2回戦(4/7)

川崎北高校 ー 元石川/光陵の勝者
多摩高校 ー 武相/市立神奈川の勝者
住吉高校 ー 藤沢西高校(湘南地区Aブロック2位)
の予定が発表されています。

新学期早々の公式試合ですが、新チームとしてのスタートはココカラです。

一年のできを占うためにも、多くの勝利で上に進んで欲しいと思います。

今年一年も応援していきます!頑張れ川崎!!!!!

-2019新人戦, 高校サッカー

© 2022 サカスポ専科 Powered by AFFINGER5